03-3545-2151 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 9:30~17:30

面会交流権

  1. 弁護士 星 正秀 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 面会交流権

面会交流権

面会交流とは、離婚後に子と別居親が面会したり、子が別居親宅に宿泊したり、子の写真や成績表などを別居親に送付したりするといった、親子間の交流のことをいいます。面接交渉などとも呼ばれます。

■面会交流権

民法766条1項は、離婚する夫婦間の取り決め事項のひとつとして、「父又は母と子との面会及びその他の交流」を定めるように要請しています。

別居親は原則的に面会交流ができるものの、この福祉に適合しないような場合には、面会交流権は否定されると考えられています。
調停や審判における面会交流の具体的な内容は、「毎月1回、第○曜日の○時から○時まで、同居親は○○に子を連れて来て別居親と面会させる」といった形で決定されます。また、交流の形態として、写真やビデオ、成績表、誕生日プレゼントの送付などが定められることもあります。

■面会交流権はトラブルのもと

親権者は、子の養育に関し、包括的かつ広範な権限を有します。
他方で、親権者とならなかった父母の一方(非親権者)は、別居している子と面会交流を行うとか、幣護費用(養育費)を支払うとかいう程度の関係を持つことができるにすぎません(民法766条1項)。
少子化で、離婚する夫婦間に1人しか子がいないこともめずらしくなく、祖父母も数少ない孫との交流を維持したいと望むようになってきています。また、以前と比べると、育児のための施設(保育所など)も整備されてきました。

そのような事情から、離婚に際して、父と母の双方が離婚後の単独親権者になることを強固に主張し、離婚自体については合意できていても、親権
者の決定が進まないために、離幡協議が成立しないという例も多くなってきています。

弁護士 星 正秀では、中央区、港区、千代田区、新宿区、渋谷区、杉並区をはじめとする、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一都三県で、協議離婚・審判離婚・調停離婚・裁判離婚・財産目録の作成・親権や監護権の交渉・面会交流権の確保・離婚時におけるローンのある家の売却や財産分与・DVやモラハラの慰謝料請求・不貞行為への対処・養育費の強制執行など、様々な離婚問題や家族問題に関する法律相談を承っております。
お困りの際は、是非一度ご相談ください。

弁護士 星 正秀が提供する基礎知識

  • 養育費を払わない相手に請求するには

    養育費を払わない相手に...

    「離婚した元配偶者からの養育費の支払いが、数カ月間滞ってしまっている」 「元配偶者に養育費を支払うよう...

  • 調停離婚

    調停離婚

    夫婦の協議が調わず、協議離婚ができない場合に、家庭裁判所に離幡の訴え(民法770条)を直ちに提起するこ...

  • 養育費を払わない相手に強制執行(差し押さえ)する方法

    養育費を払わない相手に...

    離婚をすると、子の親権は母親か父親のどちらかに移ります。もし働き手でない方が親権を持った場合、一人で子...

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚は、離婚の基本形であり、離婚全体の9割を占めます。 夫婦の協議だけで離婚が成立するという制度は...

  • 相続登記・名義変更

    相続登記・名義変更

    相続登記とは、不動産を相続した場合に必要となる名義変更のことをいいます。つまり、故人名義のままになって...

  • 交通事故のご相談の流れ

    交通事故のご相談の流れ

    交通事故は、年間50万件近く発生しています。負傷者数は60万人以上おり、亡くなられる方も4千人弱いらっ...

  • 住宅ローン

    住宅ローン

    住宅ローンがある場合、財産分与が複雑なものになり得ます。 ■財産分与と債務 夫婦別産制の下では、夫...

  • 交通事故に関するご相談は弁護士 星 正秀にお任せください

    交通事故に関するご相談...

    ■交通事故は身心を疲弊させる問題 交通事故は、非常に身近な法律問題です。 お金の問題だけではなく、怪我...

  • 審判離婚

    審判離婚

    調停が不成立となった場合に、家庭裁判所は、職権で離婚を命じる審判をすることができます。これを調停に代わ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ